ガーデニングの魅力

ガーデニングには、庭やベランダを自分好みの空間に作り上げ、自宅をリラックスできる場所にするという楽しみがあります。
夏はミニトマトやピーマン、ナスなどの野菜栽培に適した季節です。うまく栽培すると、毎日のように収穫の喜びを感じることができます。
他の季節にも、それぞれに適した草花や野菜で庭やベランダを美しく彩ると、心に安らぎが訪れるでしょう。
しかし、思いつきで植物を植えても失敗することがありますから、ガーデニングを始める際には方法を学ぶことも、少しは必要です。ちょっとした予備知識でガーデニングの魅力は倍増します。

[PR]人工芝を庭に敷き詰めよう
肌触りの良い製品を販売中

夏でも植物を問題なく育てる方法を確認しておく

苗

ベランダガーデニングを始める前の確認事項

マンションでもプランターなどを使って手軽に植物を育てられることから、人気の高いベランダガーデニングですが、始める前に確認すべきことがあります。
マンションの管理規約にベランダの使い方に関する取り決めがないでしょうか。マンションによっては、ベランダに置ける物や使用方法に規定を設けていることがあります。
なぜベランダの使い方に決まりがあるのかというと、プランターや鉢などが通路をふさいでしまうと非常時の避難の障害になるからです。また、特に夏によく聞く問題ですが、肥料の臭いや害虫などが近所迷惑になって、トラブルが起きることもあるからです。排水溝に土が流れ込んでしまったり、水やりの水が隣のベランダまで流れたりしても、問題になります。
もし高い階のベランダから鉢やスコップなどが落下したら、場合によっては人をケガさせるかもしれません。
ですから、マンションでベランダガーデニングを始める際には、ルールとマナーを守ることを第一に考えましょう。

シャベル・スコップの選び方

大きく根が張る夏の前に植物を植え替えたり、土を耕したりするときに必要なのがスコップやシャベルです。
JIS規格では、上部が平たく足で土に押し込めるものがシャベルで、上部が曲線で側面が立ち上がり、土をすくい取るためのものがスコップとなっています。または、西日本では大きいものがシャベルで小さいものがスコップ、東日本はその逆というふうに、大きさで分けることもあります。
どちらにせよ、行う作業の種類によって使う道具が違ってきます。たとえば、地面を掘り返すような大がかりな作業なら、大きめで先が尖って土に差し込みやすいものを、鉢植えの植え替えのような細かい作業なら、小さいものが必要です。土を鉢に入れる時は、すくい取りやすい形のものがいいでしょう。
選ぶときには用途を念頭に置いて、実際に手に持って重すぎず使いやすいものを選びましょう。耐久性や錆びにくさ、手入れのしやすさも大事です。

ガーデニングには基礎知識が必要

まず、ガーデニングに使えるスペースを把握しておきましょう。場所によって植える植物を選ぶ必要があります。
庭の土で栽培できるのであれば根を張る植物も育てられますが、プランターや鉢しか使えないのであれば、根が広がらない花や葉物野菜が最適です。
あまり無理をしないことも大切です。キュウリなどの夏野菜はとても人気ですが、種から育てるよりも苗を買って来る方が簡単で、失敗も少ないのです。花も、種や球根から育てやすいものと、苗を植える方がよいものがあります。分からないことは何でもホームセンターや種苗店の人に尋ねながら、さまざまな経験を積んでいきましょう。

ガーデニングに関する記事

園芸用品

植物の手入れを怠らなければ夏でも元気に育つ

夏は日光を好む花がイキイキと咲く季節。その一方では暑さに考慮した植物の世話が必要な時期でもあります。その植物に合った害虫対策、水やりをしてガーデニングを楽しみましょう。園芸用の道具を揃えると植物の世話もしやすくなります。

READ MORE
広告募集中